「これからのまちなか農家プロジェクトについてゆるく考える会」を開催します

これからのまちなか農家プロジェクトについてゆるく考える会

三鷹、武蔵野市は都心へのアクセスに恵まれた住宅地である一方、たくさんの農地も残っています。
まちなか農家プロジェクトでは、JA東京むさし三鷹地区青壮年部の方をはじめとした若い農家さんや武蔵野市農家さんの協力等もあり、ICU(国際基督教大学)、防災団体とのコラボなど、様々な企画を通じて、農家さんと消費者の距離を縮める活動を展開してきました。

 

このような展開を踏まえ、改めて、三鷹、武蔵野エリアにとっての農地・農産物の必要性を考えるとともに、まちなか農家プロジェクトのスキームを使い、今後どのようなことができるかをざっくばらんに考える会を開きたいと思います。

 

いっしょにできること、やりたいことを実現してみませんか。

 

■ワークショップの参考資料
まちなか農家プロジェクトの活動紹介資料
まちなか農家プロジェクト説明資料

 

最近、三鷹市役所から発行された資料です。予めお読みいただくと理解が深まるかもです。

 

三鷹市の都市型農業 論点データ資料
http://www.city.mitaka.tokyo.jp/c_service/048/attached/attach_48689_1.pdf

 

また、今回のイベント出てきたアイデアはまちなか農家プロジェクトとして実現させるか三鷹市などに意見提出する可能性があります。

 

たくさんのご参加お待ちしております。

 

=======================
これからのまちなか農家プロジェクトについてゆるく考える会

日時:2月20日(水)19時~21時
会場:Cafe Hammock(東京都三鷹市下連雀3-22-15 2階)
対象: 三鷹武蔵野エリアの農業や農家さんに関心のある方
参加費:無料 ※ただし、要ワンドリンク注文
申込:facebookイベントページで参加ボタンを押下する、または問い合わせページより参加希望の旨を記載しご連絡ください。
=======================